ナチュラルアイメイク方法

老若男女問わず、高感度大なナチュラルアイメイク。
実はこれ、とても難しいのです。
ね、アイメイクをしている女性なら、わかりますよね。
アイメイクをしているという雰囲気をださず、あくまで自然に眉毛、目元をキリリとさせて、目力を引き出すといったかなり高度なテクニックが必要とされます。
自然に自然にアイメイクができる女性こそが、真の大人の女性といえるのかもしれませんね。

ナチュラルアイメイクのアイカラーはブラウン系やゴールド系が自然になじむと思いますが、色々試してみて、自分の肌になじむ色をさがしてみるのがいいでしょう。
ナチュラルを意識しすぎて無理な色を選ぶのはNGです。

アイラインは黒を試してきつい印象を受けるようであればブラウンを使ってみましょう。
上まぶたに引いた後、綿棒でぼかすと優しい印象になります。
リキッドタイプのアイライナーを使うとキリッとした感じになるので、ペンシルタイプと上手く使い分けると、さらにナチュラルになります。

眉メイクはスッキリさせた感じにするのがいいです。
柔らかさを出すためブラウン系や自分の地毛に合わせたグレー系のペンシルで眉の形に合わせて基準となるラインを眉の下側に描いていきます。
眉のラインの基準が決まったら眉の色に合ったパウダーもしくはアイブロウ用のマスカラを使って眉尻側から毛流れにそって描いていきます。

まつげはビューラーを使って根元から上にあげます。
自分でやると、まつげをかくっと折ってしまう、あるいは、自然な仕上がりにならないと悩んでいる人は、まつげパーマもいいでしょう。
ロッドの大きさも種類があるので、お店の人と相談して、自然な仕上がりかつ、くっきりまつげをあげることができますよ。
マスカラは下まつげも忘れずに。目を大きく見せ、目の吸引力をアップさせます。

浜崎あゆみのアイメイク

最近はあまり見られなくなってきましたが・・・
若い女性が憧れる芸能人の1人として浜崎あゆみは今も健在ですよね。
歌のヒットだけでなく、CMにも引っ張りだこの彼女。
一時期はTVで彼女のバンビ目(小鹿)を見ない日はなかったですよね。

あゆのアイメイクには濃い色のシャドウはマツゲが目立たなくなるので淡いパールの入ったシャドウがお勧めです。
目元は明るめのイエローなどでくすみをカバーします。
あゆが一番よく使っているのが淡いゴールドベージュのシャドウです。
パール感を生かしたいなら、クリームタイプのシャドウもお勧め。
指や綿棒で優しく押し込めるようにまぶたの上に色を乗せていきましょう。

眉下にはハイライトを入れます。
真っ白だと、パール入りでもそうでなくても、てかったように見えることがあるので、自然にみえる色を。
アイボリー(黄みがかった白)が良いでしょう。

アイラインを引きます。
あゆメイクはかなりくっきり真っ黒なアイラインを入れています。
自信のない人は、細い筆ペンタイプがおすすめです。
慣れた人はリキッドとペンシルを用意します。
ペンシルで太めに、リキッドでマツゲの際を埋めます。
あゆは結構くっきりラインを書いているので、ほかしすぎないことです。

目の下と目頭にホワイトでインサイドラインを入れます。
白でも良いし、パールがかった色なら、ピンクパールも可愛いですね。
白目がキレイに見えます。
まぶたにシャドウと同系色のラメを乗せても良いです。
見る角度によって変わる偏光パールでもいいと思います。
玉虫色に光って綺麗。
パーティや普段と違う、インパクトあるメイクをしたかったら、目の下にラインストーンを置いてもかわいいと思います。

倖田來未のアイメイク

今回は、くうちゃんこと、倖田來未ちゃんのアイメイク法を教えちゃうよ。
倖田來未ちゃんのスタイルや「エロかわいいオーラを、自分のおしゃれに取り入れたら、きっとかわいく変身できちゃうよね。

この前、倖田來未ちゃんはインタビューで、こんなことを言ってたよ。

メイクでコンプレックスを解消する

倖田式のメイクの本当の目的は、自分に自信を持つってことなのかもしれない・・・
くぅちゃんの魅力を作っているポイントの1つ、アイメイクはこんな方法だよ。

倖田式メイク術
まずはのお手入れから。
のお手入れ、ちゃんとしてるかな?
左右の眉のかたちは勿論、カラーリングをしている人は、髪の毛と眉の色を鏡で見てみてみてね。
カラーのバランスも大事だよ。
髪が茶色で、眉が黒の場合は、眉マスカラっていう化粧品があるから、まずはそれで、色味をきちんとそろえて。

眉を整えたら、早速倖田式 アイメークだよ。
まずはアイシャドウ
上まぶたに黒のアイシャドウを入れる。
下まぶたの目尻から黒目の外側まで黒のアイシャドウを入れる。
上下とも入れた後は指でぼかす
このとき、グラデーションがかかるようにぼかすこと。

そして、苦手な人も多いアイライナーを目の上下に入れるよ。
倖田式のメイクではアイライナーのカラーは黒ね。
上下をつなぐように目尻部分は何ミリかはみ出るように。

次はハイライト
白いパールのハイライトを多めにのせる。
そして最後にマスカラを上まつげ、下まつげに塗ったら、倖田式アイメイク完成!

倖田來未 アイメイク方法のポイント
眉マスカラを使って、髪の色とまゆげの色を揃える。
目じりまでアイシャドウを伸ばす。
マスカラは3回以上塗る。

そして、何よりも・・・
鏡の自分を見て、「かわいいね!」とか自分に言ってあげること!!!
(↑これが最も重要なんじゃない?!)

アイメイクの基本の色

アイメイクのお楽しみは何といっても、色々なカラーを選ぶことじゃない!?
ファンデーションだけだと、のっぺりした印象になっちゃうから、
アイシャドウ目元にきれいな色をのせて、明るい印象の顔になってね。
色によって印象が変わってくるから、その日の気分や服装・季節感を生かしたアイメイクを楽しめるようになるといいね。

色にはイメージっていうものがあるよね。
自分がそう思うイメージもあれば、相手がこう感じるってのもある・・・
知っておけば、場所柄のTPOや、相手に自分をどう見せたいかでカラーを決めることもできるね。

だから、今回はアイメイクの基本の色のお勉強。

例えば、大人のオンナという色たちがこれ。
 ホワイト:清潔感、ハイライト効果
 ブラック:シック、強いシャドー効果
 グレー:知的、落ち着き
 ブラウン:深み、ナチュラルなシャドー効果
 ゴールド:華やか、ゴージャス
 シルバー:神秘的、上品
 パープル:華やか、優雅さ

そして、可愛らしさ・華やかさが前面に出る色たちがこれ
 ピンク:お嬢様っぽい、可愛らしい
 オレンジ:明るい、活発的、ハイライト効果
 イエロー:強いハイライト効果
 ブルー:すっきり、透明感、爽やか
 グリーン:新鮮、若々しい

こうやっていろんイメージから、アイメイクの色を組み合わせて、
色々なメッセージ自分アピールできるようになったら初心者さん卒業かな。

アイメイクの中でも目元の印象を引き締める役割をするのがアイライナー
アイライナーにはペンタイプリキッドタイプがあるよね。
初心者さんにはペンタイプがおすすめ。
自然な印象を与えるよ。
シャープな印象目力を出したい場合はリキッドタイプがおすすめ。
一気にひかなくちゃいけないから、慣れが必要だけど、練習して、素敵な目、目元に仕上げてね。
ペンリキッド両方使うと、リキッドに慣れない人はラインががたつかなくなって、深みのある目元になるよ。

簡単アイメイク講座

目は口ほどに物を言う」っていうくらい、目って大事。
ちょっと前に「目力メヂカラ)」ってはやったよね。
の印象によって、その人の印象までが変わるよねぇ。

それから、人って、相手の心の中を知りたい時、相手の目を見て判断していることが多い。
その人の目を見て、精神状態をおしはかっているってことなのかな。

他人に注目されている、目元
女性としてぬかりなくアイメイクしておきたいよね。

現代生活では止むをえないのか、目の周りが他よりも暗い子って意外と多い。
くまや色素沈着に悩んでいる子もいるんじゃないかな?
こういったクスミを消してくれるのが、化粧下地
イエローのコントロール・カラーコンシーラー)がおすすめ。
赤ら顔の人にはグリーンのコントロール・カラー
黄色が強い人はパープルのコントロール・カラーで全然印象が変わるんだよ。
自分がどのタイプが分からない人は、美容部員さんにアドバイスを求めてみよう。
化粧下地もバカにできないよね。

次にファンデーション
新しいスポンジを使って二重の中やまぶたの際まで入念に馴染ませてね。
極軽いタッチで馴染ませて、仕上げはパウダー白粉)で押えるの。
目の下にパウダーを多めに乗せてみてね。
アイシャドウ等が落ちた時にこすると伸びて台無しになっちゃうからね

そして、アイライン
知っての通り、目を大きく見せたり形を変えたりするのに効果的なのがアイライン
まつ毛をフサフサと濃く見せる役目はマスカラだけじゃなくって、アイラインにもあるんだよ。
コレを知らない人はアイラインを手抜きしがちだけど、結構大事。
そんな人は、まつ毛まつ毛の間に白い点々が目立っちゃって、勿体無いから注意だよ。
必ずまつ毛とまつ毛の間を埋めること。コレ大事ね。

簡単アイメイク術

朝からきっちりアイメイクをすべてやってたら、それだけですぐに10〜20分くらいたっちゃう・・・
忙しい朝にこの作業、、、大切なだけにかなり大変・・・

ここは是非、思い切って、苦手な部分はいさぎよくカットし、時間を短縮させ、本当に必要な部分にだけ時間をかける作戦でいっちゃおう!!

例えば、こんな方法がおすすめ。
ビューラーを使うのが苦手だったら、いっそもうビューラーを使わず、カールアップ効果の高いマスカラを使う。
カールキープ力が強いものなら、ぱっちり目が長持ちできますね。
もしくは休日にまつ毛パーマをかけて、平日の朝にマスカラをぬるだけの状態にしておくとか。
そうしてる人って、結構多いと思うよ。
それでも、まつげカールにはビューラーが基本!絶対使いこなしたいっていう人の為に、ビューラー使用のポイントがこれ。
まつげ根元・中間部・毛先の3箇所をポイントにはさめばきれいに仕上がるからね。

アイブロウの場合はチップタイプの方が広範囲にすばやく描けるよ。
チップタイプなら、力加減も調節しやすいから、ぼかしも、くっきりラインも思いのままにできちゃう。

アイシャドウクリームタイプならすっとのびて、まぶたに自然に広がるからおすすめ。
忙しい朝には、指でさっとぬれるから特にお勧め。
ラメ入りだったら、一気に華やか顔になれるし、
ベージュ・ブラウン系なら、服の色を選ばず、肌なじみがいいし・・・
その日の目的によって選ぼうね。

アイラインが苦手な人は、ペンシルタイプがおすすめ。
まつげの根元を下から埋めるようにインラインを引くとキレイに引けるよ。。

手を抜いてないように、しっかりメイクしているように見せるテクニック・・・
忙しい現代女性なら、是非、身に着けたいね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。